木村峻郎弁護士作成!講演レジェメ集:

木村峻郎弁護士作成!法律学習用講義レジュメ集「相続や事業承継における税理士の効果的な営業」についてpartⅢその2(民法)」要介護者の区別、後見・保佐・補助の違い

木村峻郎弁護士作成!講演レジェメ集
法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村峻郎)

テーマ「法律を活用した「相続や事業承継における税理士の効果的な営業」について PartⅢ その2」
 税理士の方専用、問合せフォーム設置しました(トップページメニュー)。

アイランド新宿法律事務所
弁護士 木村 峻郎
弁護士 村松 宏樹

※緊急事案の便宜的な対応例

<類似問題>
父親Aが遺言を遺さず死亡したため、母親B、子CDによる遺産分割協議をする必要が生じたが、母親Bはかねてより認知症を患っている。この場合、どの様に対応したらよいか。

第3 民法の定める要介護者の区別
問1.Aが認知症に罹患しているため、Aの従兄弟のBは、長年にわたりAの身の回りの面倒を看たり、お金の管理を行ってきた。ところが
近時、Bは長年音信不通であったAの子Cから「Aの所有するお金の管理状況について問い合わせ」を受けた。Bは、自分がこのまま
Aの身の回りの世話や財産管理を続けることに問題がないか否か心配している。この場合、どの様に対応したらよいか。

1.民法の規定する後見、保佐、補助の違い
(1)判断能力の程度の目安
ア 後見 IQ35以下、長谷川式10点以下、
MMSE14以下、療育手帳A
精神障害者保健福祉手帳1級
イ 保佐 IQ36~50以下、長谷川式11~15点
MMSE15~19、療育手帳B
精神障害者保健福祉手帳2級
ウ 補助 長谷川式16~22点

(2)差異
ア 本人による遺言書の作成
① 後見(民法第7条)
医師2名の立会及びその診断による判断能力が回復している旨を遺言書に記載してもらわなければ無効(民法第973条)
②保佐、補助(民法第7条)
特に制限なし
※後に遺言能力の有無の点につき紛争になる可能性あり

2.成年後見制度の利用の利益と不利益
(1)利益
判断能力がない者の財産の管理について、事後のトラブルを回避できる
=財産管理に法的根拠が生まれるため

(2)不利益
被後見人の財産状況に大きな変動を加えられない

例)現在住んでいる、過去に住んでいた住居の売却、担保設定が困難となる、被後見人を含んだ遺産分割では被後見人に法定相続分を
確保しなければならない
・申し立てまでの手続が煩雑
・一度申し立てると取り下げできず、死亡まで継続

3.任意後見制度の利用
(概要)
自身が将来判断能力を失ったときに備え、事前に後見人候補者を選任しておく制度。
実務上は、後見人候補者が定期的に本人宅を訪問する見守り契約とセットで締結することが多い。
(注意事項)
裁判所選任の後見監督人が付される。
公正証書によって契約を締結する必要がある。

4.Aとの介護財産管理契約を締結して、Bがその後もAを介護し、Aの財産を管理することが出来る。

<参考条文>
民法第973条
(成年被後見人の遺言)
成年被後見人が事理を弁識する能力を一時回復した時において遺言をするには、医師2人以上の立会いがなければならない。
2. 遺言に立ち会った医師は、遺言者が遺言をする時において精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態になかった旨を遺言書に付記して、これに署名し、印を押さなければならない。ただし、秘密証書による遺言にあっては、その封紙にその旨の記載をし、署名し、印を押さなければならない。

民法第974条(証人及び立会人の欠格事由)
次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができない。
1. 未成1年者
2. 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
3. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

民法第975条(共同遺言の禁止)
遺言は、2人以上の者が同一の証書ですることができない。

民法第7条(後見開始の審判)
精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、4親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

民法第8条(成年被後見人及び成年後見人)
後見開始の審判を受けた者は、成年被後見人とし、これに成年後見人を付する。

民法第11条(保佐開始の審判)
精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分である者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、4親等内の親族、後見人、後見監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、保佐開始の審判をすることができる。ただし、第7条に規定する原因がある者については、この限りでない。

第12条(被保佐人及び保佐人)
保佐開始の審判を受けた者は、被保佐人とし、これに保佐人を付する。

(PDF)講演レジェメ平成28年8月1日②監修アイランド新宿法律事務所
(PDF)講演レジェメ平成28年8月1日②監修アイランド新宿法律事務所

講演レジェメ内演習問題の解答をメルマガ登録された方に順次配布予定です。ご希望の方は、トップページよりメールアドレスの登録をお願いいたします(無料)。

法律監修:アイランド新宿法律事務所(代表弁護士 木村 峻郎)

木村峻郎先生作成、講演会・講義レジェメ集:

木村峻郎先生作成、講演会・講義レジェメ集一覧(H29):

スポンサーリンク
アーカイブ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。